正社員 就職

転職にはメリットとデメリットが存在します

[30代/男性/非破壊検査]の就職・転職体験談
・利用した転職エージェント:マイナビハタラクティブなど

 

転職にはメリット・デメリットが存在しますが、デメリットの方が大きい場合が多いものです。

 

メリットは、『キャリアや給料アップできるかもしれない』『新しい経験ができる』『職場環境や待遇が非常に悪く、自身の心身の健康が著しく損なわれる環境から脱出できるかもしれない』など様々です。

 

つまり、経験・キャリア・待遇の向上等が『確定ではない』ものの望むことができます。

 

しかし、メリットの方はあくまで可能性であるのに対し、デメリットの方は『確定ではない』もの以外に『確定された』ものとして常に影のようについてくるものがあります。

 

常に影のようについてくるデメリットとして『入ってもすぐ辞めるor引き抜かれると思われる』『年齢の経過』『社会経験があるものとして新入社員以上に厳しい目で見られる』等があります。

 

能力を磨き、成長していたとしても、採用した会社が望んでいたスペックに達していなければ『使えない奴』というレッテルが貼られます。回数が増えればより顕著になります。

 

転職活動にも影響があり、履歴書で回数をごまかそうと就職した会社を削って提出した場合、空白期間が増え、その空白期間について説明する必要が出てきます。また、幾つかの会社の期間を伸ばしてごまかそうとしても、その会社に確認の電話をとられた場合にはバレてしまいます。

 

転職することで自身に対する周囲の印象が大小あるにせよマイナスに動きますし、転職は自分の人生を大幅に変えます。後悔しないよう、じっくりと考え、本当に必要なことなのか問答した上で決めることが大切ですね。