正社員 就職

青果担当からパソコン教室講師への転職

[30代/男性/IT系/事務職]の就職・転職体験談

 

初めて就職したのが大きな複合型スーパーでした。ほどなく青果担当になりやめるまで続きました。

 

対面販売といいますか、お客様と話をしながら販売をし、場合によっては、お得意様の場合、荷物を運んであげたり逆に誕生日には御馳走になったりもしました。家族みたいな付き合いです。

 

この仕事が一生続くような気がしていました。たのしくて仕方がない感じでした。

 

しかし、グループ企業全部で3店舗あるうちの2店舗が赤字体質のスーパーで、起死回生の新しい複合型のモールに入ることに。引越しが2回もあり大変でした。

 

結果としては、失敗…これはのちのち潰れるなと思い転職することに。

 

焦って決めたせいで、兄に紹介してもらい、自販機のルート営業に転職したのですが、やってみると大変。毎日が残業。仕事に慣れる慣れない関係なく、日付が変わるまで仕事が終わらず、諦めて次の日に仕事を回す。といったような感じの会社でした。

 

転職失敗です。試用期間のうちにリタイアしました。困ったことは、やめた理由が自己都合となるので、失業手当も3か月でないことです。

 

次は失敗できないので、焦らずにハローワークに通って探すことにしました。

 

ハローワークに通っているときに1枚の貼紙に目が行きました。職業訓練です。何か良いものはないか?きっかけがないかと、外に出て情報収集したのが良い結果となりました。

 

職業訓練に通うと3か月の失業手当をだせない期間が、一転、訓練中はすぐにでるとのこと。パソコンの訓練もしたかったのはありますが、大きいのは失業手当ももらえることでした。

 

学生時代に経理の専門学校に通っていたのでパソコンの基礎の基礎はありましたが、WordやExcelを習うのは初めてでした。そこで、就職先もゲット。スカウトされる形でそのまま就職しました。

 

入って3か月は地獄のような苦しみでしたが、パソコン、ネットその時代に必要とされ始めた分野の最先端に行ける企業に就職できて生活にも役立つ技術を習得できました。ちなみに、通っている生徒さんが将来の伴侶に…(笑)

 

まずは、やってみる。失敗を恐れるな。やらないで後悔するな、やって後悔しろ!